アダルトチルドレンとは何か?

アダルトチルドレンは子供っぽい?

 

「アダルトチルドレン」と聞くと、「大人なのに、中身は子供っぽい人」という意味だと勘違いする方が多くいます。

しかしこれは誤解で、アダルトチルドレンとは

Adult  Children  of  Dysfunctional  Family
子ども時代、うまく機能してない家庭で過ごし、今は大人になっている人

という言葉を略したものです。

つまり、”子供っぽい”という意味は含まれていません。

むしろその反対で、親が大人になりきっていないような問題のある家庭で育つと、子供のほうが大人のような役割をさせられたりします。

例えば、いつも母親のグチの聞き役になったり、
両親の仲が悪くて父親がさびしそうにしていると、気を遣って一緒に過ごしてあげたり、
親が頼りないので、進路の相談などができず、一人で考えて決めなくてはならなかったり…。

つまり、子供なのに大人のような役割をさせられていたので、
子供でいることに集中できなかった、そのために
子供の時に必要な、精神的成長がおろそかになってしまい、
それが大人になって悪影響が出てしまっている、という事なのです。

 

誰もが皆、アダルトチルドレン

 

「多少の問題は、どこの家庭でもあるよ。そんなこと言ってたら皆アダルトチルドレンだよ」

と思うかも知れませんが、その通りです。

なぜなら、”完璧な親”というのは、この世に存在しないからです。

どこの親でも、性格の偏りがあったり、
忙しくて子供の話をちゃんと聞けない時があったり、
イライラして子供に八つ当たりしてしまったり、
子供がかわいい余りに過保護になり過ぎてしまう、といった事が起こります。

ところが、子供との関わり方に、あまりにも大きな問題があると、
子供が精神的に成長できなくなってしまい、
その結果、自分に対して極端に自信を失くしてしまったり、
人と上手く関われなくなってしまうのです。
これが、大人になると”生きづらい”という状態を作ってしまいます。

 

つまり、アダルトチルドレンというのは「程度の問題」だと言えます。

親から少ししか悪影響を受けてない人は、アダルトチルドレン度3%くらいだったり、

かなりひどい環境で育った人は、アダルトチルドレン度80%くらいかもしれませんが、

全く親の影響を受けていない、アダルトチルドレン度0%という人はいません。

 

皆、何かしらの影響は受けているものなのです。

それを一度じっくり振り返ってみて、自分の人生をより良くしていくことが、

アダルトチルドレンのカウンセリングです。

HSPのカウンセリング その② ~育児がつらい~

HSPのカウンセリング例:Nさん(30代、専業主婦)の場合

Nさんは会社員の夫と、2歳の息子との、3人家族です。
夫は仕事で忙しいため、Nさんは平日、朝から夜までずっと息子と2人で過ごします。

午前中は家事の後、公園に行き、昼食と昼寝の後に、
また外に遊びに行き、夕方まだ遊びたいS君を何とか家に連れて帰って、夕食と片付け、
入浴、寝かしつけというのが基本的なパターンです。
Nさんは毎日疲労困憊し、半ば本気で「この子はもっと元気なお母さんに育ててもらった方がいいんじゃないだろうか?」
と考えてしまったり…。

HSPの母はなぜ育児がつらい?

「人とずっと一緒だと疲れる」というのは、HSPの悩みでよくあげられるものです。
子供が大切な存在であることは間違いありませんが、幼い息子とずっと一緒にいるのは、
HSPであるNさんにとって、とても消耗することです。
1人で静かに過ごす、自分をリセットする時間がほしくても、子供が小さい時にそういう時間をとることは困難です。

Nさんは、他のお母さんは平気そうなのに、自分だけが「つらい」「休みたい」と思っていることに罪悪感を感じていました。
しかし、誰にも相談できず、つらさをそのままにしているうちに、心のエネルギーがどんどん減っていって、
楽しさやあたたかさも感じられなくなってきてしまい、カウンセリングに行ってみる事にしました。

HSPの母のカウンセリング

カウンセラーは、「お子さんにとっても、Nさんが心身ともによい状態である方がよいはずです。

自分一人でやりきろうとするのではなく、周りの理解と協力を得ることが必要でしょう。」とアドバイスし、夫の協力を得ることになりました。

Nさんは夫と話し合い、夫が休みの日には子供を預けて、1人で過ごす時間を作ることにしました。

また、周りの親子もそれぞれに個性があることに気付いたり、
自分がHSPとして持っている特性と、親という立場で必要とされることの、折り合いをつける方法が少しずつ見えてきて、

以前よりかなり気持ちが楽になり、カウンセリングも3回ほどで終了しました。

HSPの改善ポイント

HSPの特徴を持つ人達は、自分の中で動揺したり、混乱したり、疲れたりしていても、
それを表現することは比較的少ないので、周りの人には、当人がどんな問題を抱えているかがよく分かりません。

家族や友人など、親しい人には、HSPの特徴を説明したり、
それについて協力してほしいことを伝えることが、理解と支援を得ることに役立ちます。
この時、相手からも質問してもらったり、要望があれば出してもらうとよいでしょう。

※この記事は、プライバシー保護のため、いくつかのケースをもとにまとめたものです。

執筆:カウンセラー木村

HSPのカウンセリング その①

HSPのカウンセリング その① ~HSPとは?~

「小さなことが気になる」、「疲れやすい」、「傷つきやすい」…このような悩みがある場合、
その背景には、生まれつきの気質の特徴があるかもしれません。

HSPとは?

HSPHighly Sensitive Person「とても敏感な人」)は、エレイン・N・アーロン博士が提唱した概念です。

HSPは、どの社会にも15~20%の割合で存在すると言われています。

この特徴を持つ人達は、そうでない人にとっては何でもない小さな刺激(環境の変化、人間関係、痛み、カフェイン、光、音等々)にも、敏感に反応します。

そのため、例えば大人数の集まりが苦手だったりします。たくさんの刺激がいっぺんに入ってきて、どうふるまったらいいか分からなくなってしまうのです。

HSPは、社会の中では少数派なので、
「何で自分は他の人と同じようにできないんだろう」
「自分はダメな人間だ」
と感じることが多いかもしれません。

HSPを改善するには

例えば、体質で考えてみると、「お腹を壊しやすい」という人がいるとします。
多くの人にとって大丈夫な食べ物でも、すぐにお腹を壊してしまうので、「損な体質だな」と思うかもしれません。
でも、日々生活していくためには、食べて栄養を摂らなくてはなりませんから、
何をどう食べるとお腹を壊すのか知っておいたり、自分に合った食べ方を工夫すれば良いのです。
そうすれば、お腹を壊さなくても、必要な栄養を摂ったり食事を楽しむことができます。

HSPについても、同じことが言えます。
自分自身を知ったり、対人関係のスキルを身につけることで、HSPを改善することは可能です。

HSPのカウンセリング

HSPは、生まれ持った気質なので、それ自体を治すことはできないのですが、
そこから来る生きづらさは後天的なものなので、環境や人間関係などを変える事で改善することができます。

具体的には、自分の敏感さを理解すること、少しでも暮らしやすくなるための工夫をすること、セルフケアを取り入れることなどです

逆に、敏感さを意識しすぎてひきこもってしまうと、ますます外に出るのがつらくなるので、
自分にとって最適な生活の仕方を見つけていくことが大切と言えるでしょう。

こういった事をHSPのカウンセリングで取り組んでいくことで、状況の改善は十分可能です。

執筆:カウンセラー木村

HSPのカウンセリングその② ~育児がつらい~

年を取っても性格は変わるのか?

 

「人間、ある程度の年を取ったら、もう性格は変わらないよ」

・・・よく、そんなあきらめ半分の言葉を耳にします。

しかし、それは大きな間違いと言えます。

人は、いくつになっても、劇的に変わることができます。

例えば、50代の男性や女性がちょっとしたキッカケで、

ものの数カ月でガラッと性格が変わってしまったケースを、

よく目の当たりにします。

それでは、どんなキッカケがあれば、人は大きく変わるのでしょうか?

 

シンプルに言うと、人間関係が変われば、人は大きく変わります。

「人は社会的な生き物だ」という言葉がありますが、

人は人間関係から影響を受けて、考え方や性格などが形作られるものなのです。

 

これは一例です。

私の父親は、60歳近いある時に、娘(私の妹)に彼氏を紹介された事がキッカケで、

それこそ180度、性格が変わってしまいました。

どうやら、女ばかりの家族の中で仲間外れ状態だった父は、

「家族に認められていない」と感じていたようです。

特に、娘たちが思春期になり、父親を毛嫌いするようになると、

この傾向が強くなっていきました。

そのせいか、無口で家族とまともな話もせず、いつも不機嫌そうで、

確かに家族の中では厄介者だったのです。

それが、娘が彼氏を紹介したことで、「自分が家族の一員として認められた」

と感じたようです。家族がビックリするくらい、その彼を歓迎して、

その頃からどんどん明るくなっていき、家族と良い関係を持てるようになっていきました。

(ちなみに、その彼はイケメンでも話が面白かった訳でもないですし、

どちらにしろ妹とは別れましたが、そんな事は父には関係なかったようです。)

 

・・・父の例はカウンセリングとは関係ありませんが、

人間関係は、非常に強力な影響力を持っていることは、間違いありません。

 

カウンセリングの一種である「夫婦カウンセリング」や「家族療法」でも、

こうした人間関係を利用して、人を変えるしくみを作っていきます。

 

また、そもそもカウンセリングを始めること自体が、

その人にとって人間関係の大きな変化になるかも知れません。

 

例えば、その人が今まで誰とも持てなかったような

信頼関係や、本音での関わりをカウンセラーと持つことができれば、

それは今までの人生を根底からくつがえすようなキッカケとなる可能性があります。

 

ワタミ元社長、渡邉美樹氏はサイコパス?

ワタミの元社員、森菜美さん(当時26)が、7日連続の深夜勤などの過酷な労働の末、自殺したのは2008年の事です。

この時、ワタミはブラック企業大賞としてノミネートされ、社長・渡邉美樹氏の、

「24時間365日、死ぬまで働け」

「無理という言葉は嘘。鼻血を出そうがぶっ倒れようが、7日間働かせれば、それは無理じゃなくなる」

などといった、強引な経営手法が問題になりました。

彼は他にも、社員の頭をスリッパで叩いたり、会議中に部下に「ここ(ビルの高層階)から飛び降りろ」と発言したそう。

そんな彼を「サイコパス(反社会性人格障害のこと。共感性がなく、どんなに悪い事でも罪悪感なく実行してしまう。連続殺人犯などに多い。)」と呼ぶ人もいます。

なぜ彼は、そんな強引な経営手法に走ったのでしょうか?

それは、彼の生育歴をたどると見えてくるように思えます。
彼の生まれは横浜。父は会社を経営し、特に不自由ない暮らしをしていたようです。

小学校5年生までは。

この時、体の弱かった母が、突然病死してしまいます。彼は母の死を前に号泣しました。

彼は後で、「母親の布団に潜り込むぐらい、お母さん子だった」と語っていますが、この行動は心理学的に、少し問題があります。

母親には通常、「子供を自立させなきゃ」という気持ちがあるので、小学校そこそこの男の子が甘えてくると、「気持ち悪い」と感じる場合が多いのです。

それでも布団に入らせていたのは、①母親が子供を自立させず依存させておきたかった可能性と、②息子が心理的に不安定で赤ちゃん返りしていた可能性があります。

どちらにしろ、小5という年齢を考慮しても、とても幼い、不安定な状態だったと思われます。

そんな状況で母親が突然死んだら、おそらく取り返しのつかない位の心理的ダメージを受けるでしょうね。

しかも彼は母の死について、父からこんな事を言われます。

「お母さんは、もともと体が弱くて、お前を身ごもった時、医者から産むべきじゃないと止められたんだよ。

でもお母さんは、命を削ってでもお前を産む、と決めたんだ。

だからお前は、お母さんの分も頑張って生きなきゃいけないよ」と・・・。

こんな風に、母親の死を背負わされた小5の子供が、どれだけの重圧を感じていた事でしょうか。

自分がこれから生きて行く意味は、お母さんの死に報いるため、と思ったかも知れません。

ただでさえ、親が幼少期にいなくなった子供は、丁寧な大人のケアとサポートが必要なのですが、

運悪く、この直後に、父親の会社も倒産してしまいます。

そのため、父親はその後始末に奔走して、ほとんど家を不在にし、息子の心のサポートをする余裕はなかったようです。
しかも、家賃1万円台のアパートに転居を余儀なくされ、極貧生活が始まったのです。

後になり、彼は「白い靴下が買えなくて、父親の黒い薄いナイロンのソックスを履いていった」と語っています。

この頃に、「いつか、貧しい生活の悔しさを晴らしてやる」と経営者を目指したそうです。

精神的にも、生活にも困窮する中、「社長になって見返してやる」という目標しか、彼を支えるものは無かったのかも知れません。

そして大学生になった時に彼の立てた2つの目標は、「何の分野で企業するか決める」「経営者としての能力を身に付ける」だったそうです。

そんな大学生いないですよね。。

卒業後、彼は佐川急便で1日20時間働き、一年で300万貯めて起業します。まさに強迫的な行動ですね。

企業後はご存知の通り、破竹の勢いで会社を大きくし、一代でワタミ帝国を築き上げます。

なぜここまで強迫的に突っ走れたのか?

それは、彼にとっては経営者として成功することが、

「命を落としてまで産んでくれた愛するお母さんに、恩返しする方法」だったり、

「世の中を見返して、お父さんの名誉を回復する手段」だったのかも知れません。
彼の名前「美樹」の由来は、母の「美智子」と父の「秀樹」から一文字ずつ取ったようです。
まさしく、彼は父と母の人生を背負っているのです。

だからどんなに強引な手法を使い、周りが見えなくなってでも、会社を大きくしなければならなかったのかも知れません。

彼の行動を、「共感性のないサイコパス」という一言で片付けるのは簡単ですが、生きてきた軌道を辿ってみると、こんな背景があったのです。

カウンセリングでも、生育歴を探ると、一見、理不尽と思える行動でも、説明のつく事が沢山あるのです。