アダルトチルドレンとは何か?

アダルトチルドレンは子供っぽい?

 

「アダルトチルドレン」と聞くと、「大人なのに、中身は子供っぽい人」という意味だと勘違いする方が多くいます。

しかしこれは誤解で、アダルトチルドレンとは

Adult  Children  of  Dysfunctional  Family
子ども時代、うまく機能してない家庭で過ごし、今は大人になっている人

という言葉を略したものです。

つまり、”子供っぽい”という意味は含まれていません。

むしろその反対で、親が大人になりきっていないような問題のある家庭で育つと、子供のほうが大人のような役割をさせられたりします。

例えば、いつも母親のグチの聞き役になったり、
両親の仲が悪くて父親がさびしそうにしていると、気を遣って一緒に過ごしてあげたり、
親が頼りないので、進路の相談などができず、一人で考えて決めなくてはならなかったり…。

つまり、子供なのに大人のような役割をさせられていたので、
子供でいることに集中できなかった、そのために
子供の時に必要な、精神的成長がおろそかになってしまい、
それが大人になって悪影響が出てしまっている、という事なのです。

 

誰もが皆、アダルトチルドレン

 

「多少の問題は、どこの家庭でもあるよ。そんなこと言ってたら皆アダルトチルドレンだよ」

と思うかも知れませんが、その通りです。

なぜなら、”完璧な親”というのは、この世に存在しないからです。

どこの親でも、性格の偏りがあったり、
忙しくて子供の話をちゃんと聞けない時があったり、
イライラして子供に八つ当たりしてしまったり、
子供がかわいい余りに過保護になり過ぎてしまう、といった事が起こります。

ところが、子供との関わり方に、あまりにも大きな問題があると、
子供が精神的に成長できなくなってしまい、
その結果、自分に対して極端に自信を失くしてしまったり、
人と上手く関われなくなってしまうのです。
これが、大人になると”生きづらい”という状態を作ってしまいます。

 

つまり、アダルトチルドレンというのは「程度の問題」だと言えます。

親から少ししか悪影響を受けてない人は、アダルトチルドレン度3%くらいだったり、

かなりひどい環境で育った人は、アダルトチルドレン度80%くらいかもしれませんが、

全く親の影響を受けていない、アダルトチルドレン度0%という人はいません。

 

皆、何かしらの影響は受けているものなのです。

それを一度じっくり振り返ってみて、自分の人生をより良くしていくことが、

アダルトチルドレンのカウンセリングです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です