アダルトチルドレンとは何か?

アダルトチルドレンは子供っぽい?

 

「アダルトチルドレン」と聞くと、「大人なのに、中身は子供っぽい人」という意味だと勘違いする方が多くいます。

しかしこれは誤解で、アダルトチルドレンとは

Adult  Children  of  Dysfunctional  Family
子ども時代、うまく機能してない家庭で過ごし、今は大人になっている人

という言葉を略したものです。

つまり、”子供っぽい”という意味は含まれていません。

むしろその反対で、親が大人になりきっていないような問題のある家庭で育つと、子供のほうが大人のような役割をさせられたりします。

例えば、いつも母親のグチの聞き役になったり、
両親の仲が悪くて父親がさびしそうにしていると、気を遣って一緒に過ごしてあげたり、
親が頼りないので、進路の相談などができず、一人で考えて決めなくてはならなかったり…。

つまり、子供なのに大人のような役割をさせられていたので、
子供でいることに集中できなかった、そのために
子供の時に必要な、精神的成長がおろそかになってしまい、
それが大人になって悪影響が出てしまっている、という事なのです。

 

誰もが皆、アダルトチルドレン

 

「多少の問題は、どこの家庭でもあるよ。そんなこと言ってたら皆アダルトチルドレンだよ」

と思うかも知れませんが、その通りです。

なぜなら、”完璧な親”というのは、この世に存在しないからです。

どこの親でも、性格の偏りがあったり、
忙しくて子供の話をちゃんと聞けない時があったり、
イライラして子供に八つ当たりしてしまったり、
子供がかわいい余りに過保護になり過ぎてしまう、といった事が起こります。

ところが、子供との関わり方に、あまりにも大きな問題があると、
子供が精神的に成長できなくなってしまい、
その結果、自分に対して極端に自信を失くしてしまったり、
人と上手く関われなくなってしまうのです。
これが、大人になると”生きづらい”という状態を作ってしまいます。

 

つまり、アダルトチルドレンというのは「程度の問題」だと言えます。

親から少ししか悪影響を受けてない人は、アダルトチルドレン度3%くらいだったり、

かなりひどい環境で育った人は、アダルトチルドレン度80%くらいかもしれませんが、

全く親の影響を受けていない、アダルトチルドレン度0%という人はいません。

 

皆、何かしらの影響は受けているものなのです。

それを一度じっくり振り返ってみて、自分の人生をより良くしていくことが、

アダルトチルドレンのカウンセリングです。

アダルトチルドレン(AC)のカウンセリング方法とは?

当方のカウンセリングでは、アダルトチルドレンの方が多く申し込みされます。

 

割合的で言うと、じつに半数以上の方がアダルトチルドレンのカウンセリングを受けています。

 

常では、アダルトチルドレンの方のカウンセリングは「繰り返し話すことで、少しずつ自分を受け入れられるようになっていく」という方法を取る事が多く、ほとんどのカウンセリングセンターでも、このアプローチしか行っていません。

ただ、この方法だとカウンセリングに年単位の長い時間がかかってしまったり、この方法では変わらない相談者の方も多くいます。

実際、「他のカウンセリングルームでアダルトチルドレンの治療を受けていたが、話を聞いてもらって少し楽になったけど、自分自身は何も変わっていない」という方が多く申し込みに来られています。

 

当方では、アダルトチルドレンの方に対して比較的短期間で改善が可能な、非常に効果の高いカウンセリングプログラムを採用しており、おすすめしております。

 

具体的には、精神分析的アプローチと認知行動療法を組み合わせたカウンセリング方法を、4段階で進めていくもので、従来のような「聞くだけ」ではない、積極的なアプローチというのが特色です。

 

このカウンセリング方法は非常に高い効果があり、終了する頃には「何十年も自分の存在をネガティブの事をネガティブにしか捉えられなかったのに、自分を認めてあげられるようになった。生きやすくなった。」という方がほとんどです。

 

目安として、この4段階のアプローチは最短で10回程度で終わりますが、じっくり取り組みたいポイントがある方は、もう少し回数がかかる場合がありますので、基本的にはご相談者のご希望によります。

 

 

詳しくはお問合せフォームまでお待ちしております。